最新情報





5月3日・4日 例大祭斎行のお知らせ

例大祭の由来について (卯月祭礼)
大宝元年(701年) 綣を中心とした広い地域に疫病が流行した。人々はなんとか神様に疫病を鎮めていただけるように願ったところ、この願いが通じて人々は健康を取り戻した。
  翌、大宝2年から毎年疫病が流行する初夏までに祭礼日を設定し、この日は神様に社より外に出てもらい疫病が広がっていかないように、みんなが健康で夏を乗り切れるように力を授けていただこうとした。
そのことが当神社の祭礼の由来です。

  5月3日の夜、神様の分御霊をひもろぎに遷します。どのように遷っていただくか、当神社はひもろぎを振りかざすことにより御霊に活気づいていただき、願い事を聞いてもらい乗り遷っていただくものです。
  5月4日は、ひもろぎを取り付けた神輿の差し上げの儀(威勢良く宙に放り上げる)をしますが、神様の力を強めるという意味と神様に対する最高のおもてなしをするという意味があります。

男性みこし 勇壮なみこし渡御で有名な祭礼であり、1992年から女性の祭り参加を提唱、女性専用みこし「さつきみこし」と 称し毎年50人余の参加により、男性のみこし(3基 約200人)とともに、より活力盛んになっています。
また、和太鼓集団「雷太鼓」の活気ある太鼓演奏でまつりは最高潮を迎えます。
 5月3日 宵宮イベント事業

14:00より 子ども綱引き大会
参加 小学生男女 10人1チーム
トーナメント方式
敗者戦あり 優勝チームに賞金
模擬店 二三四会 協力
場所 大宝神社参道 雨天中止

19:00より21:00 宵宮コンサート
和太鼓集団 雷太鼓を中心に邦楽の夕べ
場所 大宝神社境内特設会場 雨天中止
主催 雷企画・大宝神社
雷太鼓
     
子ども綱引き大会 子ども綱引き大会
     
奉祝例大祭斎行
男性みこし
12:45 さんやれ 奉納
13:00 式典 斎行
13:45 社名旗・稚児社参・宮座 出御
14:00 雷太鼓・みこし出御

守山担当:若宮
大宝担当:大宮
治田(安養寺・上鈎)担当:十禅師宮
さつきみこし(女性専用)

宮司・巫女他 神社関係者出御
15:00 旅所(栗東・市川原八幡神社)到着
15:15 大宮みこし神前にて旅所祝詞・神楽奉納
15:30 みこし以下 還御
     
さつきみこし


雷太鼓 さんやれ



3日午後及び4日は車輌(軽車両含む)通行止となりますので、
臨時駐車場(大宝公園グラウンド)をご利用ください。





上へ